スタッフブログ

当院のスタッフが色々な内容を記事にしています

歯科衛生士による「PMTC」とはどのような処置?

こんにちは!うえたに歯科です。

今回は、歯科衛生士による「PMTC」についてご紹介します。当院で取り入れているスウェーデン式の予防プログラムでは、患者様ご自身がご自宅で行うセルフケアと歯科医院で受けるプロフェッショナルケアの2本柱から成り立っています。プロフェッショナルケアの一つにPMTCがありますが、これはどのような処置なのでしょうか。

 

PMTCとはどういう意味?

むし歯や歯周病を予防するために歯科医院で行われる処置の一つに、PMTCがあります。PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が機械的に歯面清掃をする処置のことをいいます。この処置は約30年前にスウェーデンの歯科医師が提唱したもので、セルフケアでは落とせない場所の細菌や汚れを専用の器材や薬剤を使って取り除いていきます。

 

なぜPMTCが必要?

むし歯や歯周病の原因となるプラークは、歯の表面に付着する細菌の塊です。プラークは粘着性があるためうがいをする程度では取れませんが、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシを使えば除去することはできます。歯の表面に付着しているプラークに関してはこの方法で問題なく除去できますが、プラークが付着するのは歯の表面だけではありません。舌や歯と歯ぐきの境目、歯ぐきにできた歯周ポケットの内部にもプラークは付着します。これらの場所には歯ブラシや補助清掃用具が届きにくいため、ご自身のセルフケアで落とすには限界があります。歯科医院で行われるPMTCであれば、セルフケアでは除去できないプラークや汚れも落とすことができます。

 

PMTCの効果

PMTCを受けてお口の中を清潔に保つことは、むし歯や歯周病の予防に繋がります。また、着色汚れも除去できるので見た目の変化も期待できるでしょう。ただし、PMTCを受けるだけで歯やお口の健康が維持できるわけではありません。歯科医院でPMTCを受けてもその後のセルフケアができていなければ、すぐにまたお口の中にプラークや汚れが蓄積してしまいます。定期的にPMTCを受けていただくことも大切ですが、毎日のセルフケアを正しく行っていただくことが欠かせません。

 

まとめ

このように、歯科医院で定期的にPMTCを受けることでむし歯や歯周病の予防に繋がります。当院では、患者様お一人おひとりにあった予防プログラムを作成しています。当院の予防歯科にご興味のある方や定期検診をご希望の方は、お気軽にお問合せください。

アーカイブ

求人サイト求人サイト
洲本市 歯科 歯医者 うえたに歯科
診療時間
ネット診療ご予約 0799-24-4618
〒656-0055 兵庫県洲本市大野737番地
無料メール相談 求人情報