淡路島 洲本市 淡路市 南あわじ市で受け口・反対咬合の小児矯正治療は洲本市の歯科医院(歯医者)うえたに歯科へ 小児矯正歯科・歯列育形成対応

洲本市の歯科医院・歯医者うえたに歯科
無料メール相談
小児矯正歯科(歯列育形成):受け口(反対咬合)
トップページ > 診療メニュー > 矯正歯科 > 小児矯正歯科(歯列育形成) > 受け口(反対咬合)
受け口(反対咬合)について
受け口=反対咬合は、下顎前突とも言われます下の前歯が上の前歯より前に出ている状態で、横顔をチェックすると「しゃくれた」ような感じになっていることが多いです。
下の歯が前に出ていると、かみ合わせが悪いため食べ物をしっかりとかみ砕きにくく、下の歯が長持ちしにくい場合もあります。息がもれるため、発音がうまくできなかったりもします。

厚生労働省によると、3歳児検診で年間約4万〜5万人(4〜5%)が該当するといわれています。大抵は「永久歯が生えるまで様子を見ましょう」といわれますが、自然治癒する割合は1割に達しません。

そこで、洲本市のうえたに歯科では、幼児期の内にお子さまの負担が少ない治療法「ムーシールド」での治療をお勧めしております。

尚、本ページには、ムーシールド以外の受け口(反対咬合)治療方法も掲載しておりますので、併せてご覧ください。

淡路島 洲本市 淡路市 南あわじ市で受け口・反対咬合の小児矯正治療は
淡路島 洲本市の歯科医院(歯医者)うえたに歯科へ!小児矯正歯科


幼児期からの受け口治療法:ムーシールド
ムーシールド寝ている間だけ、口にムーシールドという特殊なマウスピースを装着する方法で、非常に簡単です。ただし、対象年齢は3〜6歳となります。

筋機能のアンバランスが、不正咬合をつくります。つまり、バランスを整え、調和を取り戻せば、不正咬合は回復します。反対咬合の原因の一つは、舌が低い位置で機能していることです。そのため、まず、舌を挙上してあげることが治療目標となります。そのように、バランスを取り戻す器具が、機能的顎矯正装置「ムーシールド」です。これは就寝中使用します。
(※取り外しできる器具ですから、上手く使えなかったり、諸条件によっては、期待する効果が得られないこともあります。)

ムーシールド治療法は、大抵の場合、数か月から1年以内で改善されます。一度治したら、「もう大丈夫」という人が大半ですが、成長がスパートすることにより再治療を必要とする場合があります。

また、定期健診は重要です。女子は15〜16才。男子は17〜18才まで成長します。
その頃まで、定期健診を続けることが理想です。

下の症例は、ムーシールドでの症例です。
ムーシールドでの症例
  • 無料メール相談はこちら
  • カウンセリング予約はこちら
  • アクセスマップはこちら

淡路島 洲本市 淡路市 南あわじ市で受け口・反対咬合の小児矯正治療は
淡路島 洲本市の歯科医院(歯医者)うえたに歯科へ!小児矯正歯科


その他の受け口(反対咬合)治療装置について
上顎骨前方牽引装置
上顎骨前方牽引装置チンキャップ、上顎骨成長促進+下顎成長抑制チンキャップ、上顎骨成長促進+下顎成長抑制
  • 無料メール相談はこちら
  • カウンセリング予約はこちら
  • アクセスマップはこちら

淡路島 洲本市 淡路市 南あわじ市で受け口・反対咬合の小児矯正治療は
淡路島 洲本市の歯科医院(歯医者)うえたに歯科へ!小児矯正歯科


矯正歯科メニュー
  • 成人矯正
  • 小児矯正
  • 矯正タイプ診断
  • 矯正の治療費
  • 無料メール相談はこちら
  • カウンセリング予約はこちら
  • アクセスマップはこちら

淡路島 洲本市 淡路市 南あわじ市で受け口・反対咬合の小児矯正治療は
淡路島 洲本市の歯科医院(歯医者)うえたに歯科へ!小児矯正歯科

うえたに歯科診療時間
〒656-0055 兵庫県洲本市大野737番地
TEL:0799-24-4618
  • キッズルーム完備
  • インプラント
  • 歯周内科療法
  • 顎顔面矯正治療
  • 小児矯正(歯列育形成)
  • 成人矯正治療
  • 矯正タイプ診断
  • すこやか診療
  • ホワイトニング体験記
  • 患者様の声
  • カウンセリング予約
  • 無料メール相談
  • 求人募集案内
  • 医療費控除制度
  • うえたに歯科スタッフブログ

淡路島 洲本市のうえたに歯科(歯医者)
淡路市/南あわじ市からも近い歯科医院
矯正歯科/インプラント/入れ歯・義歯等

  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ